よくある質問

先生っているの? クラスってあるの?

多くのこども園・幼稚園と違うからこそ、野外保育とよた森のたまごには多くの質問が寄せられます。

なかでも多くの方が気になるポイントに焦点を当て、FAQ形式でお答えします!

保育活動と当番について

Q 当番ってなんですか?


A 当番は、森のたまごの保育や活動を支える大切なシステムです。 野外保育 とよた 森のたまごは、共同保育のようちえんです。お母さん自らが保育に入り、在園児全体の成長を見守ります。家事や仕事、プライベートと両立しながら無理なく参加していただくため、当園では当番制を取り入れています。




Q 当番に入る日は、どうやって決まりますか?


A それぞれの都合を考慮しつつ、前月末(25日頃)に決まります。 当番日は、各家庭の都合や予定を考慮した上で、前月末までに決まります。この日は空けたい、この日は当番に入りたい、曜日に希望は無いが週1回までにして欲しい、といった内容はもちろん、妊娠・出産・産後の体調不良、自宅でゆっくりしたいといった希望も遠慮なく申請してください。




Q 当番は、月に何回くらい入ることになりますか?


A 「月2回くらい」などそれぞれの希望により決まります。平均は月3~4回です。 年度初め、新年少さんを受け入れて間もない時期は、1日あたり6名~7名の大人が入るよう計画します。2学期以降、園児の様子を見ながら5~6名体制へと移行していきます。さまざまな学年のお母さんと一緒に子ども達を見守り、子ども観・子育て観を組み合わせ、森のたまごにしかできない保育を形作っていきましょう。




Q 下の子もいるのですが、当番の時は一緒に参加するのですか?


A お母さんと離れても大丈夫であれば、ベビー当番に預けることができます。 目安として1歳半頃までのお子さんがいる場合、同伴での当番参加も可能です。おんぶまたは抱っこができるよう、準備をお願いします。ベビーカーでの参加は安全上の理由で原則不可としています。 お母さんが「預けても大丈夫」と判断したとき、または当番日の天候で下の子を誰かに預かって欲しいときは、当番表係が[ベビー当番]を設けます。(お子さんの目安1歳6か月頃~)ベビー当番は、本人に~2歳の子がいる母が順に担当し、自分の子と一緒に当番母の下の子を預かります。日中どんなことをして、どこで過ごすのかは個別で相談し決めることができます。




Q 森のたまごは「11時からお絵かきの時間」といったプログラム・カリキュラムが無いと聞きました。当番に入ったとき、どうしたら良いのか分かりません。


A 園児達が自ら見つけた遊びに、寄り添って過ごしてみてください。  困ったときは、活動リーダーの【保育スタッフ】にいつでも相談してください。  「保育に入る」と聞くと、ちょっと戸惑ってしまいますよね。でも大丈夫、お母さん方に特別な知識や経験を求められることはありません。ひとりの母親として女性として、園児と向き合う時間をぜひ楽しんでください。 また、野外保育 とよた 森のたまごは2016年よりスタッフ制を導入しました。3名の経験豊かな保育スタッフが方針や計画を定め、サポートスタッフと共に活動をリードしています。戸惑いを感じたらすぐに相談してください。




Q 当番中、事故や怪我があった時はどうなりますか?


A 体調や状況をスタッフが確認し、必要があれば最寄りの診療所またはかかりつけ医に向かいます。保険への加入や救命講習への参加なども全員で取り組んでいます。 活動中・送り迎え中の事故や怪我に対応した保険(当園指定)に入っていただくほか、年度初めに豊田市内消防署にて救急救命講習を受け、対応の仕方を学びます。 毎日の保育で気づいた「ヒヤリとしたこと」「ハッとしたこと」をスタッフ・母全員で共有し、危険の予防にも取り組んでいます。 とはいえ、目の前で園児が怪我をしたり、自分が何らかの事故に巻き込まれた時は慌ててしまうもの。まずは当番スタッフに見てもらい、判断を仰いでください。





係と担当について

Q 森のたまごはお母さんの係が多いと聞きました。実際にはどんなお仕事がありますか?


A 1年を通して活動するもの、行事の前後のみ活動するものがあります。 森のたまご母が分担するお仕事には、4つの種類があります。 ●役員(1年任期) 1学年から1人ずつ、学年代表を決めます。運営に関わることから日頃の心配事まで幅広く意見を吸い上げ、必要であれば話し合いの機会を設定します。話し合いの進行や、議事録の配布も行います。 ●係(1年任期) 「新入園対応」「広報」「畑の整備」などがあり、2~5名チームでの通年活動です。 各係で決めた活動方針に基いて、係以外の母やスタッフも巻き込み運営していきます。 ●担当(1年任期) 毎日の保育活動を安全に進める「水」「薪」「備品」担当と、
園児の記録を残す「FB投稿」「ブログ投稿」「写真管理」担当があります。 ●行事(行事前後のみ) 「たまごまつり」「餅つき」など行事に向けた準備を行います。 当日の取りまとめや報告書作成も大切なお仕事です。 4種類のお仕事から1~2つずつ、好きなものを選びます。 取り組む内容や進め方は、毎年のメンバーで話し合い見直しながら進めていきましょう。子育てに家事、妊娠や出産・引越しなど、それぞれが都合のある中での活動ですので、どの分担もチームで取り組みます。出来ない時は無理をせず、助け合いながら進められますよ。




Q いくつもの係を兼任するのですか?


A ひとりあたり3~4個の兼任が目安です。 ようちえんの運営は、幅広い役割分担で成り立っています。スタッフと保護者の全員で助け合っても、3~4個の兼任は必要です。お仕事内容には、活動時期が決まっているもの・家で空き時間にできるものなど、それぞれ特徴がありますので、得意なことや生活スタイルに合わせて選んでください。




Q 積極的なたちでは無いので、他のお母さん方と打ち解けられるか心配です。


A 無理に打ち解けようと頑張らず、あなたらしく参加してください。 森のたまごは「らしく居る」を大切にしています。無理に明るく振る舞ったり、苦手なことに取り組むのは疲れてしまいますよね。長いようちえん生活をまずご自身が楽しむためにも、それぞれのスタイルで参加してください。 お母様が楽にしていることが園児の心の安定や成長に繋がり、森のたまご全体の活気に結びつくと考えています。




Q 妊娠中/出産直後なので、体力的にも気持ち的にも係に取り組む余裕が無いです。「何もしない」というのはアリですか?


A どこかの係・担当に所属した上で、余裕が出てきたタイミングで協力してください。 妊娠や出産は本当に喜ばしいこと。 園での役割を気にすること無く、ご家族で新しい命との出会いを楽しんでください。 係や担当については、年度末にどこかに所属していただき、ゆとりが出てきたタイミングに出来ることから参加していただければ充分です。2017年度に出産を迎えた先輩母もたくさん居ますので、気がかりなどありましたらどんなことでも相談してくださいね。





森のたまごに入るには

まだ少し小さいお子さんと

お母さんのために。

森のたまごあたため隊
ボランティアさん募集中!

森のたまごのお手伝いをしてくれる方を

募集しています。

都合のつく日だけでもOKです。
詳細はメールにてお問合せ下さい。